サイトマップリンク個人情報保護
赤羽整形リウマチクリニック/TEL03-3900 赤羽整形リハビリデイサービス/TEL03-3900-0570
HOMEお知らせ院長紹介クリニック紹介交通案内採用情報

東京都北区赤羽にある整形外科なら赤羽整形リウマチクリニック。リハビリテーションやデイサービス等のご紹介しております。

整形外科

トップページ»  整形外科

整形外科とは

整形外科とは、背骨・手・足などの運動器を造っている骨・関節・軟骨・筋・靭帯・神経等の病気やケガ等を治療します。そして単に病気やケガを治すだけでなく、歩く、走る、食事をするといった身体機能を回復させ、日常生活、社会生活への復帰を目的としています。リハビリテーションとの連携が重要です。

主な症状

肩がこる・張る、肩の痛み 首や背中または腰の痛み
手足が痛い・しびれる・動きにくい 切り傷
上肢・下肢が腫れている、変形している 関節の痛み、腫れ、動きにくい
骨折など  

【頚部痛・肩こり】
骨に異常のない首の痛み。
頭痛・めまい・不眠などを引き起こす場合もあります。

【変形性頸椎症】
高齢者、首に負荷がかかる仕事をしている方に多い疾患です。
頸椎の骨の間にあるクッション(椎間板)が薄くなったり、神経の通過する椎間孔が狭くなることで神経が圧迫されます。骨の変形で神経を圧迫する場合もあります。その結果、椎骨同士がぶつかったり椎間関節がすり減ったりすることが刺激となり、骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨の突出ができたり、椎骨の並びにずれが生じて変形します。

【頸椎椎間板変性症】
加齢や首の不良姿勢、ムチウチなどの軽微な外傷、スポーツ傷害によって頚椎が退行変性(老化)をする疾患。

【頸椎椎間板ヘルニア】
椎骨と椎骨の間にあるクッション(椎間板)が押しつぶされ、神経を圧迫し、首~肩~腕の痛み、シビレなどをもたらす疾患です。
高齢の方、ムチウチなどをきっかけに発症する場合もあります。

【頸椎捻挫】
交通事故などの衝撃で頚椎がズレ、頚椎のまわりの筋肉や靭帯がダメージを受け、 徐々に痛みや動きにくさなどの症状が現れる疾患。慢性化することもありので早めの診察が大切です。

 

【腰痛】
長時間同じ姿勢を続けるなど過度のストレスにより筋肉が緊張した時や、 重い物を持とうとした時、急に起き上がろうとした時などに腰に痛みが現れます。
その他、背骨の変形、内臓疾患が原因となることもあります。

【変形性腰椎症】
高齢者、腰に負荷がかかる仕事をしている方に多い疾患です。
腰椎の骨の間にあるクッション(椎間板)が薄くなったり、神経の通過する椎間孔が狭くなることで神経が圧迫されます。骨の変形で神経を圧迫する場合もあります。その結果、椎骨同士がぶつかったり椎間関節がすり減ったりすることが刺激となり、骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨の突出ができたり、椎骨の並びにずれが生じて変形します。

【腰部脊柱管狭窄症】
加齢による脊椎骨の変形により、神経の通り道である脊柱管が狭くなり足に向かう神経を圧迫し、腰痛や下肢のしびれを引き起こす疾患。一定の時間(30分程度)歩いたりすると症状が現れ、休憩すると症状は和らぎます。

【腰椎椎間板ヘルニア】
通常、椎骨と椎骨の間にあるクッションの役割を果たす椎間板の周りには繊維輪(周辺の硬い部分)があります。この繊維輪に亀裂が生じ、髄核が繊維輪を破って飛び出してしまう事を疾患。
飛び出した(膨れた)椎間板が、神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こすのです。

【腰椎すべり症】
腰椎の位置がずれ、腰椎が不安定になり神経を刺激して腰痛を引き起こす疾患。

 

全身

【関節リウマチ】
関節リウマチは関節の炎症による痛み、腫れ、変形を特徴とする疾患です。
発熱やだるさなど、全身に症状が出ることもあります。炎症が慢性化すると関節の骨や軟骨が破壊され、関節が変形し、日常生活に支障をきたします。

【骨粗鬆症(こつそしょうしょう)】
骨密度が減少して骨折をしやすくなる疾患。寝たきりの原因第3位は骨粗鬆症による骨折です。
脊椎の圧迫骨折、大腿骨の頸部骨折が代表的な症状です。

【運動器不安定症】
高齢化によりバランス能力、移動、歩行能力の低下が生じ、閉じこもり、転倒のリスクが高まった
状態。

 

【肩関節周囲炎[四十肩]】
骨に異常のない肩の痛み。腕が上がらない、つり革につかまれないなどの症状が出ます。放っておくと肩の動きが制限されることがあります。(拘縮)
早期の治療が大切です。

【肩腱板損傷】
肩の関節の位置関係を保つ腱板が転倒や打撲、肩の使い過ぎにより損傷する(断裂)ことで発症します。

【脱臼・骨折・打撲】
●脱臼…強い力が加わわることで、肩の関節が外れてしまうこと。
転んで手をついたり、肩を打ったりして上腕骨の骨頭が前方へ脱臼する前方脱臼がほとんどです。
●骨折…強い外力が加わったことで骨が折れてしまうこと

 

手・肘

【骨折・脱臼】
●骨折・・・転落事故による手首、肘の骨折が多い。子どもの骨折は機能障害を残すことがあるので、早期の治療が必要です。
●脱臼・・・手をついた時に肘・手首・指に強い力が加わり関節が外れてしまうこと。

【靭帯損傷】
手首・肘を支えている靭帯が、強い外力が加わることで靭帯が損傷すること。
関節脱臼に伴うものと単独損傷があります。

【肘内障(ちゅうないしょう)】
手を引っ張ったり、捻ったりしたときに、急激な痛みとともに肘関節が曲がらなくなってしまう疾患。
直ちに整復が必要です。

【手指の変形性関節症】
肘や手首、指の関節の痛み、腫れ、動きの制限がおこります。
関節の軟骨が磨り減ってしまいます。

【手の痺れ】
・手根管症候群
手首の手のひら側にある神経が慢性的な圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こす疾患。
手のひらの親指から薬指に痛みを感じます。慢性化すると、筋肉がやせてきて細かい作業が困難になります。

・肘部管症候群
肘の内側の部分を通る神経が慢性的に圧迫されることで、小指と薬指の小指側にしびれ感が生じる疾患。麻痺が進行すると手の筋肉が痩せる、小指と薬指がまっすぐに伸びない、筋力が低下するとなどの症状が現れます。

 

【変形性股関節症】
先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全、加齢によって関節軟骨が傷つき骨が破壊もしくは増殖して生じる疾患。痛みや動きの制限が起こります。
進行すると股関節の痛みが強く動きが悪くなり、 末期では人工関節の手術が必要となる場合もあります。

【突発性大腿骨壊死症】
大腿骨の上端の大腿骨頭の骨組織が壊死し、関節が変形したり破壊される疾患。歩行時や階段の昇り降りの際にの痛みが生じます。

 

【変形性膝関節症】
膝関節の老化や骨折などの外傷後により膝関節の軟骨がすり減り、関節炎や変形を生じて、腫れ(腫脹)、変形、痛みなどが起こる疾患。O脚の人に多い疾患です。

【靭帯損傷】
膝の内側、外側、前後にそれぞれある靭帯が、大きな力が加わることで損傷すること。
手術が必要になる場合もあります。

【膝半月版損傷】
膝に外力が加わることで、膝の軟骨の半月板に亀裂が入る疾患。
痛み(膝関節痛)、水が溜まる等の症状が出ます。
重症の場合、手術が必要になることもあります。

 

【足関節捻挫】
足をひねる、段差を踏み外した時に靭帯が損傷すること。患部に痛みと腫脹、熱感を伴います。
早期の局所の安静が必要です。

【骨折】
●外傷骨折・・・骨に対してより大きな力が加わったことにより、くるぶしや足の甲の骨に骨折を起こすことが多い。
●疲労骨折・・・繰り返し外力が加わることにより次第に骨にひびが入っておこる骨折。

【偏平足】
足の裏にある土踏まずの部分にあるアーチが何らかの原因によって失われてしまう事によって発症します。偏平足症状を発症すると地面からの衝撃吸収能力が極端に低下する為、他の関節への負担が大きくなります。

 

事故

【頸椎捻挫(ムチウチ)】
交通事故などの衝撃で頚椎のまわりの筋肉や靭帯・椎間板にダメージを受け、首、項、背中の痛み、肩こり、頭痛、不眠、手の痺れ等を起こすことがあります。早めの診察が大切です。

【腰椎捻挫】
交通事故により腰を捻る、伸ばすなどしてに腰部の筋肉や靱帯などの組織を損傷することが原因。腰痛、足の痺れ等がおこります。

 

デイサービスだより

患者様の負担軽減のため院内処方を行っています。リハビリ中の薬の用意も可能です。

※抗リウマチ薬など特殊な薬は院外処方箋を発行しています。院外処方をご希望の方はお申し出ください。

上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。